宅建ゼミナール(宅ゼミ)トップ  お問い合わせ(電子メール)  お問い合わせ((代)052-561-7628  宅ゼミサイトマップ


宅ゼミ宅建講座〜宅建試験合格体験記(女性編)!!

第22期生 伊藤 愛 さん  2015年度宅建合格基本コース受講(自己採点結果50問中35問正解)

伊藤 愛 さん

先生方のご指導通り、大変な暗記物は後回しにせず、

一週間ずつ丁寧に取り組んできたことが合格に繋がったんだと思います。
無事にやり遂げる事が出来て自分に自信が持てるようになりました。

変われた気がします。
この資格を活かして不動産の仕事をしようと思ってます。

櫻井先生、高杉先生、10ヶ月間大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

櫻井先生、高杉先生、10ヶ月間大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
私が宅建の事を知ったのは親戚がこちらのスクールに通っている事がきっかけでした。

彼女は勉強を始めてから家族の食事会に出席する事が減り、大変な資格なんだなぁと言う印象だったのを覚えています。

そして彼女は一度の試験で高得点で合格しました。
当時自分に全く自信が無かった私は、何か一つでも努力することが出来れば変われるんじゃないかと思い、彼女の紹介でこちらのスクールでベーシックコースから受講することにしたのです。
今まで真面目に勉強した事が無く勉強法が分からなかったので、先生方のおっしゃる通り取り組みました。

丁寧に丁寧に。。。印象的だった言葉は"最初に泣くか最後に泣くか"です。

その言葉通り始めて二ヶ月、余りの難しさに泣きながら勉強しました。

そして机に向かえない家事や運転中、寝るとき朝起きた瞬間からライブのDVDの音声を聞いていました。

正に勉強漬けの日々です。

法令制限が終わるまではプライベートな事をする余裕は全く無く本当に苦しくて何度も何度も挫折しそうになりましたが、今諦めたら今までと何も変わらないと自分に言い聞かせて勉強を続けました。

そして権利関係が始まりました。

この分野は私に合っていたようで2日で納得いくまでの復習ができたので、残りの5日間は苦手な業法と法令制限に当てました。

そしてゴールデンウィークのテストを迎えました。

納得のいく点数ではありませんでしたが、高杉先生から"何も言うことが無いので自分のペースで続けてください"と言って頂き、大きな自信になり、それから先は順調に進みました。
そして特別講習を全て受け、自信を持って本試験に臨みましたが、思っていたより随分難しく緊張で指の震えが治まりません。

試験を終えて、落ちた、、、、と思いました。
取引士に名称変更があって合格率が下がるかも知れないと聞いていたので自己採点後も不安は消えませんでしたが、高杉先生に"大丈夫です。"と言って頂き、ようやく安心して合格発表を待つ事が出来ました。
先生方のご指導通り、大変な暗記物は後回しにせず、一週間ずつ丁寧に取り組んできたことが合格に繋がったんだと思います。
無事にやり遂げる事が出来て自分に自信が持てるようになりました。

変われた気がします。
この資格を活かして不動産の仕事をしようと思ってます。

宅建試験合格体験記の

ページトップに戻る(↓をClick)

合格したよ!

宅ゼミ宅建講座〜宅建試験合格体験記(女性編)!!

第22期生 森 亜依 さん  2015年度宅建合格基本コース受講(自己採点結果50問中34問正解)

森 亜依 さん

子供たちにもたくさんの我慢とさみしい思いもさせました。

ここまで頑張ってきたのは自分のため、

子供たちのためでもあるので、とにかく残り3日頑張りました。

宅建合格という目標を達成しただけでなく、

自分にもやればできるということ、そのほかでも色々成長できたと思います。
櫻井先生、高杉先生、そして宅ゼミを紹介してくれ

応援してくれた友達には感謝でいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました。

まずは、櫻井先生、高杉先生、本当にありがとうございました。
私が宅建を取ろうと思ったのは知り合いからのアドバイスでした。

しかし、宅建のことも無知でましてや国家資格なんて、自分には想像もできませんでした。

ネットで調べてみてもわからなかったので、数年前に宅建に一発合格した友達に相談しました。

そして、友達がたくさんのアドバイスと宅ゼミのことを紹介してくれて、説明会にも一緒に行ってくれました。

説明会では高杉先生が優しく説明してくれて、友達もそばにいてくれたのでここで頑張ってみようと思いました。
全く無知の状態だったので、最初の頃はただがむしゃらに要点まとめをやってたと思います。

何度もこれでいいのか不安になりました。

でも、友達が最初からずっと、先生の言うことを信じていれば絶対大丈夫だからと言ってくれていたのと、高杉先生と櫻井先生が何度も話を聞いてくれたので、少しずつ最初の不安はなくなりました。
しかし、学校に少し慣れた頃から、本当に自分に国家資格なんて取れるのか、こんなにたくさんの事が覚えれるのか、別の不安でいっぱいになりました。
でも、とにかく先生のいうことを守り、勉強しました。

正直、あまり実感のないまま夏期講習になっていました。

友達から難しいと聞いてはいたものの、あまりの出来なささに落ち込みました。

こんなにできないものなのか、今までやってきたのは何だったのか、先生は点数を気にするなというけれど気にせずにはいられませんでした。

でもそんなときに高杉先生が、「あれだけ要点まとめをやってれば大丈夫です。これからです。」と言ってくれて、またがんばれました。そこからは本当にあっという間でした。

私はなぜか本試験まであまり実感が持てないままでした。

でも、合格していろいろ変わりたかったので、とにかく先生の言うとおりに頑張りました。

答練でもなかなか合格点が取れない中、先生の「大丈夫です。」を信じてとにかく復習をしました。
いざ本試験では、はじまった途端にいきなり色々実感してしまい、手が震えました。

なかなか震えが止まらなかったのを覚えています。

あとは正直難しい・・・しか覚えていません。周りを気にする余裕なんて全くなく、あっという間の2時間でした。

終わった瞬間に落ちたと確信できるぐらい自信がありませんでした。
自己採点結果には自分でも驚きました。

夏期講習、答練、商工会、12時間合宿、合格点が取れなくても先生に言われた通りに、丁寧に丁寧にやったことが実を結んだんだと思いました。
この9ヶ月間、周りの友達に協力してもらいながら、人生で一番勉強したと思います。

子供たちにもたくさんの我慢とさみしい思いもさせました。

本試験3日前に下の子が限界になって大泣きしたのには本当に焦り、悩みました。

でも、ここまで頑張ってきたのは自分のため、子供たちのためでもあるので、とにかく残り3日頑張りました。

この時の事は一生忘れないと思います。
宅建合格という目標を達成しただけでなく、自分にもやればできるということ、そのほかでも色々成長できたと思います。
櫻井先生、高杉先生、そして宅ゼミを紹介してくれ応援してくれた友達には感謝でいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました。

宅建試験合格体験記の

ページトップに戻る(↓をClick)

合格したよ!

宅ゼミ宅建講座〜宅建試験合格体験記(女性編)!!

第22期生 E.U さん  2015年度宅建合格基本コース受講(自己採点結果50問中32問正解)

諦めずにコツコツ頑張る方法で合格できました!
本当に頑張って良かったと心から思っています。
どうかみなさんも合格するまで諦めずに頑張っていってほしいです!

櫻井先生、高杉先生、ありがとうございました!

櫻井先生、高杉先生、ありがとうございました!
宅建ゼミナールじゃなかったら3年間も、頑張れなかったかもしれません。感謝してます。
私は、宅建を取得するのに3年かかりました。
取ろうと思ったキッカケは、学歴ないし、宅建取っとけばいいでしょ!ってゆう考えでした。
1年目、授業聴くだけで勉強してると思ってました^^;
2年目三カ月やればいいでしょ!っていうことで、7ヶ月からニート^^;になり、携帯も止めて勉強しました。
夏期講習、合宿、答案練習もやり追い込みましたが5点足りず。
3年目、1月の最初から勉強を始めました。
初めて提出物を全部出し(要点まとめ、練成問題)過去問も最低5周はしました。
授業も週二回受け、夏期講習、合宿、答案練習全て受けました!
結果は32点!

難しすぎて、泣きそうになりました。
3年間振り返ってみましたが、「文章にすると簡単じゃないか!」って思うんですが、本当に相当苦しかったです。
友達と遊ぶ時間もなくてひたすら勉強していました。
めげずに続けてこれたのは、高杉先生の励ましがあったから、相談相手がいたからです。
周りに何度、そんなに宅建頑張ってどうするの?って言われたか分かりません。
そういう悪気ない言葉に何度悩まされたか、毎日地味な作業に何度めげそうになったかわかりません。笑
でも、一番大事なのは、地味な事も同じ作業をどれだけ毎日コツコツ積み重ねていくことがどれだけ大事か気付いて、やり続けることです!
本当に辛いですが必ず報われます!
諦めずにコツコツ頑張る方法で合格できました!
本当に頑張って良かったと心から思っています。
どうかみなさんも合格するまで諦めずに頑張っていってほしいです!

宅建試験合格体験記の

ページトップに戻る(↓をClick)

合格したよ!

宅ゼミ宅建講座〜宅建試験合格体験記(女性編)!!

第22期生 須藤 里帆 さん  2015年度宅建合格直前決戦コース受講(自己採点結果50問中34問正解)

須藤 里帆 さん

これから宅建ゼミナールで勉強しようと考えている方は

「絶対に」櫻井先生と高杉先生の指示通りに宿題をこなし、

暗記すべきところは暗記し、計画的に勉強したほうが良いと思います。

OB・OG生の皆様の仰る通り、

櫻井先生と高杉先生の指示さえ素直に聞いていれば合格は掴めます!

何も考える必要はありません。
ただ櫻井先生と高杉先生を信じてついていってください!

はじめに櫻井先生と高杉先生、短い間ではありましたが本当にありがとうございました。
今まで私は高杉先生に勉強の進捗状況を偽って報告しておりましたので、今ここで懺悔しつつ、これから宅建を取ろうと思っている方の反面教師となるべくこの合格体験記を書かせていただきます。

私は内定をもらった会社で必要になりこの資格を取るに至ったのですが、それまでは宅建について名前を知っているくらいでほかには何も知識がありませんでした。
そんな状態で7月から勉強を始めたのですが、散々会社や高杉先生から「3ヶ月では時間が足りないので覚悟してください」と言われていたにも関わらず、7・8月は授業を週に1回受けていただけでほかには宿題はおろか、家でテキストを開くことすらしておりませんでした。(だからお盆の課題も問題を読まずにすべて適当に○×を付けていました。高杉先生ごめんなさい。)
そして9月に入ってようやく勉強を始めようと教科書を開くと慣れない単語の羅列に拒否反応が出て、また勉強を後回しにしました。9月半ばにそろそろ勉強しないと間に合わないぞ、と思い再び勉強を始めましたが全く頭に入ってきません。そりゃそうですね。
焦った私は高杉先生に相談し、先生のアドバイスに従い勉強の方法を変えることにしました。

それが見事私のやり方に合っていたのかそこから面白いほど宅建の世界にのめりこみ、ぐんぐん勉強を進めていきました。
10月に入ってもまだ見終わっていない講義のDVDがあるような状態でしたが、なんとか答練の2回目までにはすべての範囲を終わらせ、そこからはひたすら過去問や今までにもらった課題を何周もやっておりました。

答練3回目以降〜試験前日まではずっとこの繰り返しで、ただただ数をこなすことと、自分の知識の足りていないところを埋めていくことを意識して勉強していました。

結果的に自分は集中力が長くは続かないので、短期集中するこのような勉強スタイルが合っていたのかもしれないですが、これから宅建ゼミナールで勉強しようと考えている方は「絶対に」櫻井先生と高杉先生の指示通りに宿題をこなし、暗記すべきところは暗記し、計画的に勉強したほうが良いと思います。

勉強しなければいけない量がとてつもなく多いので、後に残しておくと自分のように泣きを見ます。
逆に言えばOB・OG生の皆様の仰る通り、櫻井先生と高杉先生の指示さえ素直に聞いていれば合格は掴めます!

何も考える必要はありません。
ただ櫻井先生と高杉先生を信じてついていってください!

宅建試験合格体験記の

ページトップに戻る(↓をClick)

合格したよ!


Copyright(C)2000-2016宅建ゼミナール all rights reserved.
当サイトに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。