宅建ゼミナール(宅ゼミ)トップ  お問い合わせ(電子メール)  お問い合わせ((代)052-561-7628  宅ゼミサイトマップ


宅建受験専門校 宅建ゼミナール 独自予想

平成29年度(2017年度)宅地建物取引士資格試験

宅地建物取引士資格試験・合格予想ライン

※合否判定基準(合格最低点)及び正解番号は、試験実施機関及び国土交通省等行政当局の判断により決定されるものであり、最終的な合否判定基準(合格最低点)は合格発表日に公表されるまでわかりません。予めご了承ください。※下記合格予想ラインは、宅建試験の平成元年以降の全国合格率(12.9%〜17.9%の範囲内)であることを前提として、当社受講生の宅建試験自己採点結果及び過去の当社累積データ等に基づき総合的に判断した“独自の予想”であり、合否判定基準(合格最低点)を保証するものではありません。予めご了承ください。※登録講習修了者(5問免除対象者)は下記合格予想点より5問引いた点数としてご覧ください。※下記合格予想ラインは、解答番号の修正等により、予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。※下記合格予想ラインに関するお問い合わせには、一切お答えいたしません。予めご了承ください。

宅地建物取引士(宅建士)資格試験 解答速報宅建受験専門校 宅建ゼミナール 過去10年間の宅建試験予想ライン

平成29年10月17日(火)12:30現在、公開中!

合格予想ライン(第一次予想)速報!

50問中34問又は33問以上正解

合格予想ライン(第二次予想)

合格予想ライン(最終予想)

平成29年度(2017年度)宅地建物取引士資格試験

合否判定基準

宅地建物取引士資格試験 試験実施概要 合否判定基準 正解番号(解答番号)

 

 

【参考】平成元年以降の宅建試験全国合格率と合否判定基準

◎登録講習修了者(5問免除対象者)は下記正解数より5問引いた点数が合格点となります。

(出題数50問中、平成28年11月30日(水)現在)

※1・・・宅地建物取引業法の一部を改正する法律に伴い、平成27年度より宅地建物取引士資格試験へ名称変更されました(平成26年度以前は宅地建物取引主任者資格試験という名称でした)。

※2・・・平成14年度以降は、試験実施機関より合格点(合格最低点)が公表されるようになりました。

※3・・・「平成2年度」は平成元年以降の「全国最低合格率(12.9%)」になります。

※4・・・「平成21年度」は平成元年以降の「全国最高合格率(17.9%)」になります。

宅地建物取引主任者資格試験 ※1
年度
全国合格率

合格点(合格推定※2

平成元年度
14.9%

33問以上正解

平成2年度

12.9% ※3

26問以上正解

平成3年度
14.0%

34問以上正解

平成4年度
16.0%

32問以上正解

平成5年度
14.4%

33問以上正解

平成6年度
15.1%

33問以上正解

平成7年度
13.9%

28問以上正解

平成8年度
14.7%

32問以上正解

平成9年度
14.1%

34問以上正解

平成10年度
13.9%

30問以上正解

平成11年度
15.9%

30問以上正解

平成12年度
15.4%

30問以上正解

平成13年度
15.3%

34問以上正解

年度
全国合格率

合格点(合格最低※2

平成14年度
17.3%

36問以上正解

平成15年度
15.3%

35問以上正解

平成16年度
15.9%

32問以上正解

平成17年度
17.3%

33問以上正解

平成18年度
17.1%

34問以上正解

平成19年度
17.3%

35問以上正解

平成20年度
16.2%

33問以上正解

平成21年度

17.9% ※4

33問以上正解

平成22年度
15.2%

36問以上正解

平成23年度
16.1%

36問以上正解

平成24年度
16.7%

33問以上正解

平成25年度
15.3%

33問以上正解

平成26年度
17.5%

32問以上正解

宅地建物取引士資格試験 ※1
年度
全国合格率

合格点(合格最低※2

平成27年度
15.4%

31問以上正解

平成28年度
15.4%

35問以上正解

平成29年度
○○.○%

○○問以上正解

 

 

 

 

宅建受験専門校 宅建ゼミナール(ユーノリカ・ライセンス・グループ)〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2丁目18番17号 フローレンスさくら名駅1・2階TEL 052(561)7628  FAX 052(562)5172


Copyright(C)2000-2016宅建ゼミナール all rights reserved.
当サイトに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。