宅建ゼミナール(宅ゼミ)トップ  お問い合わせ(電子メール)  お問い合わせ((代)052-561-7628  宅ゼミサイトマップ


合格を目指す上での落とし穴

【落とし穴その1】〜不動産業界(不動産関連業界)の方で、実務上の知識・経験がある方

  実務上(仕事上)の知識と、ペーパー試験対策上の知識は、“異なるもの”という認識で学習することが試験に合格するための一つのコツといえるでしょう。

  実務上の知識がもちろん試験で役に立つ場合もありますし、近年は実務を絡めた出題が増えつつある傾向にはあります。ただし、宅建試験に出てくる問題のほとんどは実務上の知識がそのまま出されるわけではありません。「法律条文に載っている法律知識」がベースとなって出題されるわけです。そこを見極めないと、合格まで遠回りしてしまうことになってしまいます。

  たまに実務と絡めた質問をされる方が見えますが、実務と絡めて考えようとしてしまうと、いつまでたっても「法律上・条文上の考え方」を理解することができず、試験問題でも実務的な発想で解答してしまうため、結局間違った答えを出してしまう、というパターンになりがちです。

  このような傾向にある方はかなり要注意なので気をつけてください。「問題を法律条文に沿って考えることができない思考回路」になっている場合がほとんどだからです。

  純粋に「宅建試験に合格する」ということを念頭に置いて取り組もうと思った場合、あくまで「法律の試験であること」「受験対策であること」を意識して頭を切り替えていただくこと、これは意外と大事なことです。

合格を目指す上での落とし穴

【落とし穴その2】〜法学部(法律系の学部)出身で「私は民法(法律)は得意(知っている)だから・・・」と思い込んでいる方

  良くあるケースですが、「某大学の“法学部出身”だから、民法も含めた法律はある程度わかっているはずだから、あまり勉強しなくても大丈夫だろう!」と思い込んでいる場合です。

  このような方にありがちなのが、ある程度「法律をかじったことがある」という経験や先入観が逆に邪魔をし、だんだん宅建試験の論点からずれた質問をしてしまう“ある程度知っているがゆえの罠”にハマっていく、ということです。

  あくまで私たちのような受験指導機関というのは、「宅建試験に合格するための必要最低限の知識を提供している」わけです。

  しかし、余計に知っている方にとっては、「この場合はどうなんだ・・・、あの場合はどうなんだ・・・」という講義で教わった内容以外のことまで引っ張り出して考えてしまうところに落とし穴があります。

  あくまで“受験対策”ということを忘れずに、素直な気持ちで、私たち「宅建受験専門校 宅建ゼミナール」がお伝えすることをそのまま受け止めるようにしてください。

  その認識を持って学習に臨んでいただければ、もともと「法律」というものに対して免疫がおありなわけですから、一発合格の確率もグンと上がっていくと思われます。

合格を目指す上での落とし穴

【落とし穴その3】〜私は忙しくて時間がない!・・・「自分自身に言い訳をしてしまう」、あるいは「言い訳をつくってしまう」、そんな傾向にある方

  “時間がない・・・”と言い訳しているうちは、何も前に進みません。その時点で自分に“負けて”しまっています。

  社会人の方は、基本的には忙しい方がほとんどです。忙しくない方を探す方が難しいでしょう。

  ただ毎年そうですが、実際に受講生にカウンセリングしてみると、その“忙しさの種類”にも、かなり差があるように思います。

  例えば、休日もなく、7:00出勤の24:00帰りの方が「私は忙しくてとても勉強する時間が取れないんです・・・」とおっしゃるのは、ある意味仕方ないことなのかもしれませんが、休日も一応ちゃんとあり、9:00〜18:00ぐらいの勤務時間でも「私は仕事が忙しいから勉強できない・・・・・・」という方も実際にはいらっしゃるわけです。

  合格を目指そうとする場合、様々な事情がある中で受験される方がほとんどです。

  受験をする、合格を勝ち取る、と決意したご自身が、受験が終わるまでの間、結局、何に重きを置いて生活をおくるのか、又、どれだけこの“宅建を取りたい!”“合格したい!”という思いで本気になって取り組むことができるか、そこにかかっていると思われます。

  あなたの場合はいかがでしょうか?

合格を目指す上での落とし穴

【落とし穴その4】〜年に一度の本試験は「アウェー」で行われるということを認識しておくこと・・・自分の好きな環境(学習環境)だけを追い求めすぎてしまう方

  たまに受験生の中にもいらっしゃるのですが、「自分の好きな環境(学習環境)だけを追い求めすぎてしまう方」は、ちょっとしたことで(些細なことで)、自分のペースが崩れたり、イライラしてしまったり、カッとなってしまったりして、平常心を失ってしまい、出来なかった時に人のせいや何かのせいにしてしまう・・・、そういった傾向にあります。

  もちろん、自分のやりやすい環境を求めて学習をすることも当然必要ですし、基本的にはそういう環境の中で学習することが大前提であり、学習がやりやすい環境を求めること自体、間違ってはいないと思います。

  ただそれも時として、「些細なことで脆くも崩れてしまう」「ちょっとしたことで自分のペースが乱れてしまう」原因となってしまう場合がある、ということも心に留めておく必要があります。

  なぜかというと、宅建試験は「年に1回の一発勝負の試験」だからです。本試験当日、何が起こるかわかりません。本試験会場で自分の周りにどういう人が座るかわかりません。本試験が終わるまでに、様々な予期せぬこと、想定外のことが起こる可能性も充分にあり得るからです。

  そのため、普段からの受験に向けての心構え(受験に限らず何にでも言えることかもしれませんが)として、「いろいろな環境に慣れていくこと」も、ケースバイケースで必要、ということです。

  「本試験は自分の慣れた環境」ではなく、「はじめてその会場に入って“アウェー”で戦わなければならない」という本試験当日のことを考えれば、ごく当たり前の状況に対応するために、普段から「場所を問わず受験勉強をする意識や心構え」が必要かもしれません。

  そういう意識を持つことで、慣れた環境ではない「アウェーの環境」に身を置いた時でも、「ブレない心、動じない心」で「年に1回の試験」に立ち向かうことができるのだと思います。

合格を目指す上での落とし穴

【落とし穴その5】〜前年(又は以前)に、「1点差(2点差・3点差)」で不合格になってしまった方で、「前年1点(2点、3点)足りずに落ちてしまっただけなので、今年は試験直前にあとちょっとやれば何とか合格できるだろう・・・」という安易な発想になってしまう傾向の方

  受験経験のある方(特に、断片的な宅建の学習経験がある方)が気をつけたい点を挙げてみたいと思います。

  前年(あるいは過去に)宅建試験を受験し、「数点差(1点差、2点差、3点差・・・)」で合格に届かなかった場合において、「次の年の宅建試験へのチャレンジ」は、どういう方法でチャレンジするか、意外に迷うところです。

  次の年以降、宅建試験にチャレンジしようとする方の心理として、

(1)昨年ダメだったから、次の年はしっかりと基礎からもう一度学習に取り掛からないとやはり厳しいから、もう少し早い段階から学習を始めたほうがいいかもしれない(もう一度しっかりと勉強しなきゃいけない)・・・、

という考えになる人と、

(2)昨年、もう少しで不合格だったから(1点、2点、3点足りなかっただけだから)、次の年は試験直前にあともう少し頑張れば、何とかなりそうだ・・・(あと1点、2点、3点くらいなら何とかなりそうな気がする・・・)、

という考えになる(思ってしまう)人

おおよそ、この2パターンに分かれるようです。

  宅建の一通りの学習範囲を経験された方は、学習範囲の全体像がおおよそイメージできますので、その上でご自身なりに判断されるとよいと思いますが、合格できないまま受験経験だけが長くなり、かつ、毎年数点足らずに合格できないまま毎年同じことを繰り返してみえる方の考え方として、一番ハマりやすいのが、特に上記でいう(2)の考え方になる場合です。

  この(2)の考え方が抜けきれないうちは、おそらく「宅建受験の負のスパイラル」に陥ったまま、何年経っても合格にたどり着けない可能性が高いと思われます。

  「前年(過去)にあとちょっとでダメだったから次の年はあと少しやれば何となりそうだ・・・」、確かにその通りではあります。

  ですが、その「あと少しやれば・・・」のところで、思い違い・勘違いをしてしまうと、いわゆる「受験の落とし穴」が待っていて、結局、何年経っても合格できないまま時間だけが過ぎてしまう、ということになる可能性が高い、ということです。

  過去に、数点足らずに不合格になってしまった場合において、次の年以降、宅建試験にチャレンジされる方は、特に以下の点に注意しておかれると良いかもしれません。

(1)過去に数点合格点に届かなかったからこそ、次の年はぶっちぎりで点数を取るつもりできちんと基礎からやり直す(立て直す)気持ちをもってしっかりと学習をしていかないと、また次の年以降も同じことを繰り返してしまう可能性が高いということ。

(2)「あと数点上乗せすること(あと数点取ること)」、もっと言うなら「合格点を取ること」が、どれだけ大変な事であるかを再認識しておく必要があること。

(3)過去に1点、2点、3点届かなかったから、次の年はあと1点、2点、3点取れば合格できる、という「錯覚」をおこさないようにすること。次の年は「もう一度、“新しい問題”が待ち受けており、その問題に対して、“イチ(一)”から点数を積み重ねていかなければならない」ということを自覚しておくこと。

  結局は、「基本が大事」であり、「基礎からもう一度固めていくこと」、これが宅建試験合格へ、遠回りなようで一番の近道になる、ということです。1年に1回の試験だからということもそうですし、何事にも当てはまることだと思いますが、「普段からの積み重ねが大事になる」、ということを今一度認識していただくとよいかもしれません。

合格を目指す上での落とし穴

【落とし穴その6】〜結局中途半端?・・・何度受験しても合格できず、あきらめようかどうしようか迷いながらも結局何年も受験して合格できないまま年数だけが経ってしまう方

  前述の【落とし穴その5】とも多少重複する内容にもなりますが、まずは、“宅建試験に合格するためには結局何をどうやればよいのか?”“どういう考え方で何に重きを置いて学習していけばよいのか?”
  学習を開始する時点で真剣に考え、そのプラン立てをすること、学習の方向性をある程度明確にすること、これが一番大事だと思います。
  数年学習しても結果が出ない、となると、おそらく「どこかに必ずそれなりの原因があるはず・・・」だからです。
(1)宅建受験に対する意識や考え方そのものに問題(甘さ)がある(宅建試験を甘く見ている)・・・、

(2)学習方法そのものに問題がある・・・、

(3)何年も受験したことによる「受験慣れ」がもたらす「へんなクセ」がついてしまっていることに自分自身が気づいていない・・・、

(4)自分は受験経験や学習経験があるのだから学習に関しての基礎はあるはずだ、と勘違いをしている・・・、

(5)順調に勉強しているつもりでもいつのまにか無駄の多い勉強方法になってしまっている・・・、

(6)自分は学習については「怠け者」にもかかわらず、試験前に少し勉強すれば“運がよければ何とか合格できるだろう・・・”と考えてしまっている・・・、

(7)根本的に学習時間が足らないことに自分自身が気付いていない・・・、

(8)自分では努力しているつもりでも客観的に見るとそれは合格に必要と思われる努力をしているうちには入らない・・・、

(9)毎年最後の1、2ヶ月前から受験の準備を始めるにもかかわらず、それでも「今からでも何とか間に合うだろう・・・」と信じて疑わない・・・etc.

  結果が出ない原因はそれなりにいろいろと考えられます。
  「宅建受験」が“毎年恒例の行事”となってしまっている方はそのままでもよいのかもしれませんが、それでは時間もお金ももったいないだけです。次のステップに進むことができないままであり、大変複雑な迷路に入ったままそこから抜け出せない・・・、といった状況なのかもしれません。
  そのままではいつまで経っても“同じことの繰り返し”であり、何の進歩もありません。合格点に届きそうで届かないまま、今後も時間だけが過ぎていくことになってしまうでしょう。
  まずは思い切って「宅建受験専門校 宅建ゼミナール」に相談してみてはいかがでしょうか?

 

宅建受験専門校 宅建ゼミナール 宅ゼミスクール情報

 

 

 

宅建受験専門校 宅建ゼミナール(ユーノリカ・ライセンス・グループ)〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2丁目18番17号 フローレンスさくら名駅1・2階TEL 052(561)7628  FAX 052(562)5172


Copyright(C)2000-2016宅建ゼミナール all rights reserved.
当サイトに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。