宅建登録講習(5問免除講習)トップ  お問い合わせ(電子メール)  お問い合わせ((代)052-561-7628  宅ゼミサイトマップ


宅建登録講習(5問免除講習)

宅建登録講習(5問免除講習)Question&Answer(Q&A)〜よくあるご質問とその質問に対するご回答〜

〜よくあるご質問とその質問に対するご回答〜

Question1
宅建ゼミナール(ユーノリカ)はどんなスクールですか?
Answer1

宅建ゼミナール(ユーノリカ)は、東海エリアに拠点を置く“宅建受験”に特化した“宅建専門校”です。2017年、スクール開校24年目(法人設立18年目)を迎え、宅建受験指導においては多くの実績を誇り、確立されたその受験ノウハウは、当社OB・OG生や経済団体、大学機関からも高い評価を得ています。登録講習においても的確な講義を展開して参ります。

なお当社は、国土交通大臣登録講習機関(3)第016号として認可を受けています(登録更新年月日:平成26年12月24日)。

Question2
だれでも受講できますか?
Answer2
できません。
受講申込時及び講習受講期間中において、宅地建物取引業に従事し、有効な「従業者証明書」を提示できる方が受講できる講習です。
宅地建物取引業に従事していることの証明として、「従業者証明書(※宅地建物取引業法施行規則第17条別記様式第8号に定めるものClick!」のコピーを受講申込書に貼付していただきます。
また、スクーリング(講義)の受講において、「従業者証明書」を提示していただきます。
Question3
「従業者証明書」と「社員証」は違うのですか?
Answer3

はい、違います。

「従業者証明書」は、宅地建物取引業者(宅建業者)が、「従業者」に対し発行するもので、「従業者」はこの従業者証明書を携帯することが宅地建物取引業法に規定されており(宅地建物取引業法第48条)、従業者の顔写真が付いたカード型のものになります。

そのため、パート、アルバイト、正社員等を問わず、宅地建物取引業者の「従業者」であれば必ず携帯していなければ業務に従事することができません

よって、この従業者証明書をお持ちでない場合は、「登録講習」を受講することはできません。

宅地建物取引業(宅建業)に従事していることの証明として、勤務先より発行されるものになり、宅地建物取引業法施行規則第17条別記様式第8号に定めるものとして、所定の様式に沿った証明書(Click!)になります。

また、「社員証」は、「あなたはこの会社の社員です」と勤務先が任意に発行されている証明書になり、「従業者証明書」とは意味合いが異なります。

そのため、「社員証」を所持されているだけでは、登録講習を受講することは出来ませんのでご注意ください。

詳細は勤務先に直接お尋ねください。

Question4
教材(テキスト)は、どのようなものですか?
Answer4

テキストは、「通信講座」及び「スクーリング」ともに、登録講習専用のテキストを使用します。同テキストは、宅地建物取引業務の実務の視点で宅地建物取引業法及び関連法令等を学習できる内容となっています。

また、テキストの記載順に出題されている「通信講習演習問題」(四肢択一式・計60問)が別冊で付いており、学習の進捗状況に合わせて、習得レベルを自分でチェックできます。
なお、この演習問題について解答用紙(マークシート用紙)の提出は任意ですが、解答用紙(マークシート用紙)を提出された方には「解答解説書」をお渡しします

Question5
「通信講座」は、どのように学習したらよいですか?
Answer5
登録講習専用のテキストを読んでから演習問題(四肢択一式・計60問)に取り組んでみましょう。
そして、演習問題の出題箇所をテキストから再度見直すなど、勉強の進展に合わせて何度もチャレンジしてください。
Question6
「スクーリング(講義)」は、どのようなものですか?
Answer6
スクーリング(講義)は、宅地建物取引に精通した、また、受験指導に精通した経験豊富な講師による講義(原則として大画面映像講座)です。通信講座で学習した内容の理解を深めていただきます。
また、最終時限に登録講習修了試験(四肢択一式20問)を実施し、その7割以上(14問以上)の正解をもって、本修了試験合格、イコール、宅建試験における5問免除の権利を取得する、という流れになります。
Question7
講習修了者の宅建試験における一部免除の取扱いは、1年だけですか?
Answer7

いいえ、違います。
登録講習修了者証明書」は、登録講習修了試験に合格した日から3年以内に実施される宅建試験について有効です。
なお、「登録講習修了者証明書」は「3枚交付」され、宅建試験の受験申込み時に1枚ずつ使用するものです。

なお、本証明書を紛失・破損等された場合は、有効分に限り、再発行が可能です(ただし、再発行手数料がかかります)。

詳細は、Click!をご覧ください(又は弊社までお問い合わせください)。

 

 

(月〜日 9:00〜21:00 期間中は毎日受付

※直接来校いただく場合は、事前予約が必要となります。

ご不明な点がありましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

宅建受験専門校 宅建ゼミナール(有限会社ユーノリカ)ユーノリカ・ライセンス・グループ 国土交通大臣登録講習機関(3)第016号 TEL 052(561)7628  FAX 052(562)5172 http://www.takuzemi.com/ e-mail:ynk@takuzemi.com 〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2丁目18番17号 フローレンスさくら名駅1・2階